メニュー

包茎治療

包茎とは、男性器の亀頭が包皮に覆われ、露出しない状態をいいます。

新生児はほとんどが包茎で、成長とともに包皮が剥けて亀頭が露出するようになりますが、成長段階は人それぞれであるため、包茎の状態で止まる場合があります。
狭窄の伴わない仮性包茎は治療の適応ではありませんが、狭窄を伴う包茎を放っておくと、包皮の内側に恥垢や細菌が蓄積して不衛生な状態になったり、炎症を起こしたりすることがあります。

最近では、将来ご自身が介護される状況になったときを考えて、陰部を清潔に保つために治療される方もいらっしゃいます。

包茎の種類

仮性包茎

正常時は亀頭が包皮に覆われているものの、包皮を簡単に剥くことができ、亀頭の全体を露出させることが可能です。包皮を剥く際に痛みはありませんが、放っておくと包皮は元に戻り、亀頭を覆ってしまう状態をいいます。
正常時にだけ包皮を被っている状態から、勃起時にも包皮を被っている状態まで、程度の差はあります。
日本人男性に一番多いといわれています。

起こりうるトラブル

容易に亀頭を露出できるため、清潔にすることは可能ですが、包皮が戻る際に陰毛を巻き込むなどして、炎症を起こす可能性があります。

真性包茎

正常時においても勃起時においても、亀頭が全く露出できない状態をいいます。
真性包茎には先天的な要因と後天的な要因があります。先天的な要因は、包皮の先端である包皮口が狭く、皮を剥くことができない状態を指し、後天的な要因は、糖尿病等に伴う亀頭包皮炎の頻発などにより、包皮口が狭くなっている状態を指します。なるべく早く治療されることが望ましいです。

起こりうるトラブル

常に亀頭が覆われているため、恥垢が溜まりニオイの原因になります。また、雑菌が包皮の内側に溜まるため、包皮炎などの炎症を起こしやすいです。性交時の痛みの原因にもなります。

カントン包茎

真性包茎より包皮を剥くことができるものの、包皮口の大きさが足りないために、仮性包茎のようにスムーズに剥くことができない状態をいいます。
無理に剥くと亀頭を露出させることができる場合もありますが、包皮口が狭いために、亀頭部分を締め付けてしまうことになり、維持が困難です。

起こりうるトラブル

包皮口が狭いために亀頭が締め付けられ、うっ血して亀頭が腫れることがあります。酷い場合は細胞の壊死に繋がります。

治療

病院で施行されることが多い一般的環状切除術は、包皮内板を大きく残すため、傷痕が目立ち、皮膚の色が2段階(ツートンカラー)となり、縫合部が盛り上がる状態になります。

当クリニックでは、美容外科技術を取り入れ、環状切除術に亀頭直下切開法を施し、上記のデメリットを改善しております。

その他 包皮の癒着

    性感染症を含めた陰部のいぼ

    シリコンボールの挿入など

※自然な仕上がりを目指していますので当院では亀頭増大、長茎術は行っていません。

尚、長茎術を希望される方にはVIO脱毛をお勧めしています。

お気軽にご相談ください。

包茎治療の流れ

①医師による診察

  • 診察
  • 内服薬の確認
  • 血液検査等(必要な場合のみ)

②手術日程を調整

③手術

日帰り手術です。
背面切開、環状切開ともに対応可能です。

※当院の包茎治療は15歳以上の方が対象です。

医療費について

自費診療です。

背面切開  60,000円 (診察、投薬、再診料含む)

環状切開  120,000円 (診察、投薬、再診料含む)

他院修整など 応相談

※診察のみの方は初診料2,000円です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME