メニュー

尿漏れ・尿失禁

尿失禁とは

尿失禁とは自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうことと定義づけられています。

40歳以上の女性の4割以上が経験しており、実際に悩んでおられる方は実は大変に多いのですが、自分は体質的にそうなんだ、と考え尿漏れを抱えながら生活している方がほとんどです。

尿失禁の種類について

尿失禁といっても様々な症状があり、大きくわけると、次の4つに分類されます。

(1)腹圧性尿失禁

(2)切迫性尿失禁

(3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

(4)機能性尿失禁

 (1)腹圧性尿失禁

重い荷物を持ち上げた時、咳やくしゃみをした時、歩いている時など、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまうのが腹圧性尿失禁です。お腹の圧力に尿道括約筋が負けてしまい漏れてしまいます。出産後の女性に多くみられますが、出産経験のない若い女性にも起こります。

女性の尿失禁の中で最も多く、週1回以上経験している女性は500万人以上といわれています。これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含む骨盤底の筋肉が緩むために起こり、加齢や出産を契機に出現したりします。荷重労働や排便時の強いいきみ、喘息なども骨盤底筋を傷める原因になるといわれています。

腹圧性尿失禁の検査

尿検査:尿の成分を調べ、尿路感染症の有無などを調べます。

超音波検査:残尿、感染、腫瘍や尿路結石がないかを確認します。

尿流量検査:尿の勢いを測定します。

膀胱鏡検査:尿道や膀胱の中を内視鏡で観察する検査です。

腹圧性尿失禁の治療

骨盤底筋訓練:軽い腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋訓練で尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くすることで、改善が期待できます。肥満の方では、減量が有効なことがあります。

薬物療法:クレンブテロール塩酸塩(スピロペント)、抗コリン薬など

骨盤底筋訓練、薬物療法などの保存的療法では改善しない場合は手術の適応となります。

尿道スリング手術は体への負担が少なく、長期成績も優れています。

骨盤臓器脱について

(2)切迫性尿失禁

急に尿がしたくなり(尿意切迫感)、トイレに間に合わずに漏れてしまうのが切迫性尿失禁です。トイレが近くなったり、トイレにかけ込むようなことが起きたりしますので、外出中や乗り物に乗っている時などに大変に困ります。

過活動膀胱に失禁が加わった状態で、多くの場合、特に原因がないのに膀胱が勝手に収縮してしまい、尿意切迫感や切迫性尿失禁をきたしてしまいます。

男性では前立腺肥大症、女性では膀胱瘤や子宮脱などの骨盤臓器脱も切迫性尿失禁の原因になります。

切迫性尿失禁の検査

尿検査:尿の成分を調べ、尿路感染症の有無などを調べます。

採血:前立腺がんの有無などを確認します。

超音波検査:残尿、前立腺肥大、前立腺癌の有無、結石や腫瘍の有無を確認します。

尿流量検査:尿の勢いを測定します。

膀胱鏡検査:尿道や膀胱の中を内視鏡で観察する検査です。

切迫性尿失禁の治療

男性は前立腺肥大症、過活動膀胱に準じた治療を行います。

女性は過活動膀胱に準じた治療を行います。

男性女性ともに抗コリン薬、β3作動薬が有効です。また骨盤底筋体操も有効だと言われています。

飲水コントロール、骨盤底筋訓練、尿意があっても少しがまんする膀胱訓練などの行動療法を併用します。

(3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

自分で尿を出したいのに出せない、でも尿が少しずつ漏れ出てしまうのが溢流性尿失禁です。尿が出ているため排尿をしているように見えるのですが、残尿量が多く腎不全や尿毒症になっている可能性もあります。

この溢流性尿失禁では、尿が出にくくなる排尿障害が必ず前提にあります。排尿障害を起こす代表的な疾患に、前立腺肥大症、前立腺がん等がありますので、溢流性尿失禁は男性に多くみられます。

溢流性尿失禁の検査

尿検査:尿の成分を調べ、尿路感染症の有無などを調べます。

採血:前立腺がんの有無、腎機能障害、感染の有無などを確認します。

超音波検査:残尿、前立腺肥大、前立腺癌の有無、結石や腫瘍の有無を確認します。

溢流性尿失禁の治療

まずは尿道カテーテルなどで尿路を確保し、排尿障害の原因を検索し、それに対する治療を行います。

薬物療法で改善することもありますが、外科治療が必要となる場合があります。

(4)機能性尿失禁

排尿機能は正常にもかかわらず、運動機能の低下や認知症が原因でおこる尿失禁です。

例)腰痛やパーキンソン症候群による歩行障害のためにトイレに間に合わない。

  認知症のためにトイレで排尿できない。

機能性尿失禁の治療

薬物治療:抗コリン薬、β3作動薬

運動機能を低下させている原疾患の治療

介護、生活環境の見直しなど

尿失禁が治ると生活の質が変わる

このように尿失禁の種類や程度により、治療法は様々です。

検査に関しまして、いろいろと記載してしまいましたが、基本的には問診、診察、検尿、エコーによる残尿量測定、排尿日誌数日間といった身体に負担のない検査で排尿状態や尿失禁の程度がわかります。

尿失禁は生命に直接影響するわけではありませんが、いわゆる生活の質を低下させてしまう病気です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME