メニュー

おねしょが治らない

おねしょ(夜尿症)

子供のおねしょ(夜尿症)は、「5歳を過ぎて1か月に1回以上の頻度で夜間睡眠中の尿失禁を認めるものが3か月以上つづくもの」と定義されます。

小学校に上がってからも継続する場合も多く、通常5歳ごろからご両親が気にし始めます。

どの程度のおねしょの回数をご両親が問題にするかは年齢によって異なりますが、一般的には1週間に1回以上のおねしょが続いていれば「夜尿症がある」としています。

おねしょ(夜尿症)の割合と経過

女児に比べ男児に多い傾向はありますが、夜尿症の有病率(病気をもっている人の割合)は7歳児で10%程度とされ、その後は年間15%ずつ自然に治るとされますが、0.5~数%は夜尿が解消しないまま成人に移行するといわれています。

また、夜尿症患児は夜尿のない対象の子供と比較して、有意に自尊心が低い、そして、夜尿症が改善した子供では自尊心が回復したとの報告もあります。

統計的には小学校入学時に夜尿症のあった子供も卒業の時にはほとんどが改善している事がわかっていますので、自然に良くなるものだと親も子供もおおらかに構えることが大事です。

ご家庭でできるおねしょ(夜尿症)6つの対策

①カフェインの含んでいる飲み物をやめる。

②昼間は十分水分をとって規則正しく(6回以上)トイレに行く習慣をつけるように指導する。

③便秘をしないように食物繊維の多い食事を心がける。

頑固な便秘は、膀胱容量を小さくする可能性があるため、便秘をしないように注意して下さい。

④寝る前2~3時間前の水分摂取を減らして、寝る前にトイレに必ず行く。

⑤無理に夜中に起こさない。

夜尿を回避するために就寝後の決まった時間にお子様を起こされる保護者の方がおられますが、短期的な効果を示唆する報告は散見される一方、長期的な効果に関して結論は出ていないようです。

⑥日中のおしっこの我慢訓練をする。

膀胱を大きくするためのおしっこを我慢する訓練も有効です。

まずは家庭でおこなえる対策を試していただき、症状が続く、自宅以外に泊まったりする機会がでてくる、お子様がおねしょを気にするようになった場合は泌尿器科、もしくは小児科の受診を検討してください。

宿泊行事対策についてはこちら

おねしょ(夜尿症)の原因

①眠りが深い 覚醒障害

眠りが深いため、膀胱がいっぱいになっても、尿意で目をさますことができない。

②過活動膀胱

膀胱の容量が小さい、ある程度膀胱に尿が溜まると膀胱が勝手に収縮してしまうなど膀胱の働きが未熟である。

突然の尿意切迫感や、トイレまで間に合わなくて尿をもらすという昼間の症状がある状態。

③夜間多尿

夜間尿量が多い。通常の夜間尿量の上限は6〜9歳で200ml、10歳で250mlが目安となります。

おねしょ(夜尿症)の原因はストレス?

精神的なストレスなども原因としてよくいわれますが、小さいときから続いている夜尿症では明らかな因果関係は少ないようです。

ただ、一度夜尿症が無くなってから半年以上経ってまた夜尿症が始まる場合は、生活環境の変化や何らかのストレスが引き金になっているときがあります。

おねしょ(夜尿症)は遺伝する?

両親に夜尿症があった場合、子供が夜尿症になる頻度は高いといわれていますが、明らかな原因遺伝子は見つかっていないようです。

クリニックを受診したほうが良いおねしょ(夜尿症)

一般に自然経過でよくなることが多いおねしょですが泌尿器科受診をおすすめるケースもあります。

おねしょだけでなく昼間も尿を漏らしたり、おしっこに細菌がついて尿路感染を起こすようなお子様は、単なる夜尿症ではなく排尿障害を伴っている場合があります。

このような時は泌尿器科医、小児科医に相談すべきでしょう。

おねしょ(夜尿症)の治療

生活指導や行動療法(ご家庭でできるおねしょ6つの対策)を開始し、効果が乏しい場合には夜尿アラームや内服治療を追加します。

​おねしょアラーム

このアラームは寝る前にお子様のパンツに小さなセンサーをつけ、おしっこでパンツがぬれるとアラームが鳴ってお子様を起こす仕組みになっています。

ただ、最初はお子様が自分で起きることはまずありませんので、ご両親が起こしてトイレまで連れて行き、おしっこが残っていれば完全に排尿させる必要がありますので、ご両親とお子様の両方に最低3ヶ月は続ける意欲、根気が必要です。

8歳前後になり、おねしょを治したいと自身で希望するようであれば試みる価値のある訓練法です。

内服薬
デスモプレシン

おねしょをするお子様の多くは夜間に多尿になっています。人間の体の中では尿を濃くして尿量を少なくする作用をもつ抗利尿ホルモンというホルモンが分泌されていますが、夜尿症のお子様では夜間のこのホルモンの分泌が少ない場合があります。そのような場合は寝る前にこのホルモンを補ってあげると夜尿が生じません。この薬を使うときは夕食後、特に就眠前2時間以内の厳重な水分制限が必要となります。

内服薬と点鼻薬があります。

抗コリン薬

過活動膀胱の際に使用される薬です。この薬は膀胱に働いて膀胱の収縮を抑えることで膀胱にためられる尿量が増えることが期待できます。

通常夜尿症の場合、単独使用することはあまりありませんが、他の内服薬やおねしょアラームと組み合わせて使用します。

トフラニール(塩酸イミプラミン)

この薬は三環系抗うつ薬と呼ばれうつ病に使われている薬ですが、以前よりこどものおねしょの治療にも使われています。作用機序についてはよくわかっていない点もあり効果も個人差がありますが、他の薬剤と組み合わせて使用することがあります。

その他、漢方薬を組み合わせて治療することもあります。

 

「起こさず」「怒らず」「焦らず」に

夜尿症は親の育て方や子どもの性格の問題ではありません。

大部分は自然に良くなるものだと親も子供もおおらかに構えることが大事です。

「起こさず」「怒らず」「焦らず」に気を長く対応することが、子供の安心につながります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME